*

ロードバイクで道坂峠往復だぁ~!

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 2013ロードバイクライド, 道坂峠 , ,

こんにちは、本日のご訪問に感謝です。

PINARELLO PARISを購入した自転車仲間

まだ知り合って間もないんだけど、
良く一緒に走りに行く練習仲間の一人、てっちゃんが、

もう一人の練習仲間トモちゃん(harubow)と私の悪影響を受けて、
(以前このブログでイニシャルがKで登場した人)
昨日、PINARELLO PARISのフレームを購入。

トモちゃん曰く、「作戦通り」 とのこと。

私はこの時 「作戦通り」 の意味がよく分らなかったけど、
これまでの経緯やその後の話から推測するに、

てっちゃんが速く走ることに対して、
ロングライド向きのフレームを理由に避けていたことが、
トモちゃんにとっては気に入らなかったようだ。

二人は親友だから、きっと良い意味で競いたいんだろうね。
理由はどうあれ、これでピナレロ三兄弟揃い踏みって感じになった。

私が一人、ダントツで年寄りだが・・・悲

来週には今乗っているCANNONDALE SYNAPSE CARBONから、
コンポーネントを移植して乗れるようにするとのこと。

今所有しているキャノンデールシナプスも、
まだ購入してから一年ちょっとぐらいしか経っていないらしいけど、

ロングライド向けのフレームなので、
レーシーなフレームが欲しいと言う願望があったようだ。

一昨日一緒に走りに行った時は、
「レーシーなフレームを欲しいけど、
 オートバイ買ったばかりなんで・・・」
 なんて言ってたのに・・・。

この時、私のFP3を数キロ試乗したんだけど、
もしかしたらこれがキッカケになりスイッチ入ってしまったかも?

翌日トモちゃんの奥さんがロードバイクを始めるに当たり、
私のホームショップでもあるNNLLに行ったんだけど、
てっちゃんも夜勤明けの状態で駆けつけて行って、

在庫で置いてあったPINARELLO PARIS(Movistar)を目にし、
速攻で購入を決意したようだ。

私も少し遅れてショップに行ったんだけど、
その時には左手に見積書が握りしめられていて、

「あれ、もしかして決めたの?」 と聞くと、

満面の笑みを浮かべながら 「決めちゃいました!」

WS000011

いや~あまりの展開の速さにビックリです。

ピナレロ PARIS 50-1.5 Carbonと言えば、
バリバリのレーシングモデル。(バリバリって古い表現か???)

他人のロードバイクながら、納車が待遠しい。

ブログランキングに参加しています。
読み進める前にポチっと応援してもらえると、ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログ村ロードバイクブログランキング

ロードバイクトレーニング道坂峠

さてさて、前置きが長くなりましたが今日の本題です。

9月3日、午後3時から暇が出来たので、
ロードバイクトレーニングのため道坂峠に行ってきました。

P1000547
この3日前に3度目の挑戦で初めて、
都留市側から脚付き無しで道坂峠を登り切れたので、
勢いそのままに、今度は都留市側から道坂峠に登った後、

前回までのように「疲れた・・・」と言って止まらずに、
そのまま走り続けて、「道の駅どうし」 まで行き、
再び道坂峠を登り帰って来るというルートにトライしてみた。

前回の投稿でも書いたけど、道坂峠のデータは以下。

都留市側から(菅野公民館を起点)
距離:4.6km 全体平均斜度:6.8%

道志側から(R413~K24に入る信号起点)
距離:5.3km 全体平均斜度:6.2%

先ずは自宅から約10km先にある菅野公民館まで行きます。
ここでで軽く休憩した後、道坂峠に向かってスタート。

私の場合、いつもそうなんだけど峠道を走る時は、
傾斜に関係なく、登り始めてから少しの時間帯がとてもキツク感じる。

この状態を上手く伝える術が無いんだけど、
最初に苦しい大山が訪れて、それを過ぎるとペースが掴める感じだ。

上手く伝わったかなぁ?

この日も同じで、「こんなんで登り切れるのか?」
そう思ってしまうほど、スタート直後は苦しく感じる。

でも、それを過ぎると車速は群を抜いて鈍行状態ながらも、
淡々と登って行けるので、自分でも不思議に思う部分だ。

峠の前に10km走って来ているから、
ウォームアップ不足ってことも無いだろうし何故だろう?

そんな感じで、慌てず一歩ずつ進む感じで、
道坂峠を登って行くんだけど、

まだ一度だけとは言え、脚付き無で登り切れているので、
それが気持ち的に大きな自信になっている事は大きくて、
ペダルを漕ぎ続ける力にもなってくれる。

そうは言っても余裕は全く無いので、
登り切った頃には相当ヘロヘロな状態なんだけどね。

ただ、登る度に頂上までの距離が短く感じるようになって、
少しだけオーバーに表現するなら 「あれ、もう頂上・・・」
そう感じるようになって来た。

止まる事無く道志へ向かう

頂上トンネルに着いて「休憩したい・・・」と、当然思ったけど、
トンネル手前左にあるバス停を横目に、
「道の駅どうし」まで、バイクを止めることなく走りました。

頂上過ぎれば当然ダウンヒルなので、
トンネル内の上り勾配さえクリアしてしまえば、
貧脚の私でもしばらくの間はあの苦しみは無いのだ。。

ダウンヒルを軽快に飛ばして「道の駅どうし」に到着。
ここで20分程のんびりと休憩した後、来た道を戻る形で再度道坂峠に挑む。
(ここまでの走行距離約21km)

P1000549

P1000548
↑決まった時間になると演奏が始まります。

P1000550
本当はもう少し休憩したっかたんだけど、
一人だとなんか間が持たなくて・・・早めに出発。

P1000551
※ここから先、頂上までは写真ありません。

峠入口の信号を左折して、本日2回目の道坂峠に向かう。

ほんの少しだけど進化してる自分を感じた日

2か月前、初めて道坂峠に挑んだ時は、
10回ぐらい脚を付き、短い休憩を挟まなければ登れなかった。

でも、今日は少しだけ成長して、
道坂峠に向かって逞しく進んで行く自分がいる。

なんか嬉しい! いやいや相当嬉しい!

フロントアウターギヤに拘ってみる

道志側から初めて登った時は、何とか脚付きは逃れたものの、
途中までフロントアウターで頑張ったんだけど力尽きて、
残りはフロントインナーギヤでの登坂。(50-34 12-27)

前回フロントアウターで登り始めて直ぐに撃沈されたのに、
この日も、「フロントアウターで登るぞ!」 と、
気合だけは十二分な状態でスタート。

そんな気合とは裏腹に、スタート直後から、
「Fアウターじゃ無理だよな・・」 なんて感じ始めるが、
出来るだけ軽いギアを残しながら重めのギヤで進んで行く。

傾斜がきつくて苦しい場面ではダンシングで逃れ、
迫りくる坂道を一つ一つクリアしながら進む。

ケイデンスを見る余裕も無かったけど、
多分、50回転前後だったと思う。

8月22日、初めて道志側からこの峠道にチャレンジして、
激闘の末、なんとか登り切った時の苦しみが甦る。

時にフラフラして道路左隅に落ちそうになったり、
疲れ果てペダルが上手く回せなくてよろけたり、
自分の額から滴り落ちた汗が目に入り前方が見えにくくなったり、

大きな声で、「くそー、登るんだよ!」と叫んでみたり、
「もがき苦しむ」 と言う言葉がピッタリの状況だった。

勿論この日も似たような状況だけど、
一つ違うのはフロントアウターギヤで進んでいること。

無理せず軽いギヤで登って行けば良いんだけど、
「脚力を鍛えたい」 と言う目的もあるので、
無理しても重たいギヤを使用して挑んでいくのだ。

前回Fアウターで力尽きた場所も通過して、
全体の3分の1ぐらいの距離をクリア。

「まだ行けるぞ!」 と、頼りないペダリングながらも、
愛車ピナレロFP3のホイールは回り続ける。

苦しくてフロントインナーギヤに落としたい、
でもここで落としたら今までの苦しみが水の泡。

傾斜がキツイ場所に差し掛かる度に、
弱い自分と強い自分の格闘が繰り返し続く。

本当に「もうダメ」って場面が何度かあったんだけど、
下手くそながら、「休むダンシング」 的な技術を覚えたので、
そんなヘッポコダンシングでも切り抜けることが出来た。

時折訪れる緩斜面で乱れた呼吸を整えながら、
視界の先のある、迫る傾斜に備える。

ダンシング、シッティングを繰り返し、
アウターローを維持したままなんとか進んで行く。

こんなことを幾度となく繰り返したのちに、
視界に入って来た頂上にある道坂トンネル。

最後の直線を力一杯進んで行き、
「やったー!フロントアウターで登り切ったぞ!」 と、トンネル手前で停車。

P1000552

P1000553
思いっきり自己満足の世界だけど、
貧脚野郎まっちゃんはその自己満足の世界に酔いしれた。

自分で言うのも何だけど、
初めて道坂峠にチャレンジした時のことを考えたら、
フロントアウターで道坂峠を登り切ったなんて、
「奇跡」と言える程自分の中では凄いこと。

このブログ、初めの頃から読んでる人なら分るでしょ!

伊達に「貧脚野郎」なんて肩書き付けてる訳じゃなくて、
不本意ながら、私は正真正銘の貧脚の持ち主です。

だからこそ、この日の出来事は嬉しさも倍増するんです。
一瞬、「これ夢じゃないよな?」って思った程です。

まだまだ、峠道でも平地でも抜かれてばかりなんで、
もっともっと頑張らないと人並みに走ることは出来ないから、
今度は休憩無しで往復することに挑戦しなきゃ!

本日走行距離:41.9㎞
Av18.7km:max65.7km
心拍数:平均125/最高182
ケイデンス:平均60/最高120
獲得標高差:586m 天候:晴れと曇り

おかえり前にランキングの応援ポチッをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ロードバイク ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

P1000341

スバルライン富士山五合目:battle2 その2

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! 8月最後昨日、以前2度撃沈されたあることに再挑戦して、

記事を読む

P1000290

いつもの河口湖プラス山中湖一周

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! 今日は8月24日、今から書く記事は8月4日分。 あと少

記事を読む

P1000348

ロードバイク貧脚の証明!その弐

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! いや~私事で恐縮ですが、昨日、9月3日(火) 自分でも

記事を読む

P1000253

初挑戦!スバルライン富士山五合目その2激闘編

こんにちは、本日のご訪問に感謝です。 昨日はロードバイクで80㎞程走って来たんですが、 出発

記事を読む

P1000204

ロードバイク膝外側の痛みを解決した方法4&RB7回目走行 道坂峠→山伏峠→山中湖

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。 前回の 「ロードバイク膝外側の痛みを解決した方法3」 か

記事を読む

P1000620

ロードバイク回復走(リカバリー走)

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! 台風20号が日本列島の太平洋側を通過している影響で、

記事を読む

P1000346

ロードバイク貧脚の証明!その壱

こんにちは、当ブログへのご訪問に感謝です。 大好きな夏も駆け足で過ぎてしまい、 空を眺めると

記事を読む

P1000531

道坂峠・リベンジ 「走った距離は裏切らない」

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! 一昨日(9月10日)は、ロードバイクに乗るようになって初

記事を読む

P1000441

Kさんと河口湖&西湖

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! 今朝は6時に起床。外は雨。 何時ものようにモーニン

記事を読む

P1000674

俺ってドM・・・?

こんにちは&こんばんは、ご訪問に感謝です! 今朝は7時に起床。 「爽やかな朝」 の予定が、外

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. tamuro04 より:

    まっちゃんこんばんは!
    まっちゃんの向上心にはホント頭が下がります。
    この積み重ねがこの後の結果に繋がるんですね!・・・納得!!

    • 貧脚野郎まっちゃん より:

      Re:tamuro04様

      こんにちは、いつもコメントありがとうございます。

      「向上心」なのかは?ですが、

      「追いつけない」 「抜かれっぱなし」 ですから、
      人並み以下の脚力&体力を増強するために、
      バカの一つ覚えで走ってるだけです。(笑

      でも、少しずつでも結果が出ているので、
      苦しみも報われる感じです。

      当然、苦しみも楽しみの中の一部ですが・・・

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 194今日の閲覧数:
    • 155今日の訪問者数:
    • 236昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 955126総訪問者数:
    • 1423917総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑