*

ロードバイクのステム交換

今日は「ロードバイクのステム」の話しです。

ステム
一昨日は午前11時頃から河口湖を走ったんだけど、
曇っていたこともありとても寒かったです。

二周するつもりだったんですが、
身体が冷えたせいで最近不調の腰の違和感が強くなったので、
無理せず一周で終了して帰ってきました。

富士チャレンジ200に参加する日も近いから、
万が一ギックリ腰にでもなってしまったら大変なので・・・。

やる気満々状態の時に 「お・あ・ず・け」 くらったみたいで、
なんとも不満の残るライドでしたが、仕方ないですね。(笑

ブログランキングに参加しています。
読み進める前にポチっと応援してもらえると、ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ブログ村ロードバイクブログランキング

初めてのステム交換

先日、ロードバイクのハンドルステムを交換したので、その話です。

ロードバイクに乗り始めてから1500km過ぎた頃から、
ほんの少しだけポジションが窮屈に感じるようになり、

「もう少しハンドル位置が遠くても良いかもしれないな・・・」 
って感じるようになったので、100㎜のステムから110㎜へ変更しました。

今回購入したのは↓

Deda ZERO 2(デダ ゼロ 2ステム)

今ままでも同じデダ ゼロ2ステムだったんですが、
長さは100㎜で色はブラックだったので、
今回は長さ110㎜で色はホワイトにしてみました。

初めてのハンドルステム交換なので、
何にしようかと考えたりもしたんですが、

ネットで色々調べた所、ハンドルステムを交換する上で、
注意しなければいけない点があったので、

それを踏まえた上で今までと同じDeda ZERO 2の、
長さ110㎜にすることにしました。

ステム変更時の注意点

ハンドルステム交換で注意する点なんですが、
もっとも注意が必要な点がクランプ径とスタックハイト。

クランプ径はハンドルを取り付ける部分の太さのことで、
デダ ゼロ 2ステムは31.7mm

ドロップハンドルのバークランプ径は様々な規格が存在していて、
中でもDedaは独自規格で31.7mmを採用しているようです。

ちなみに現在の主流と言えるサイズは31.8mm
マウンテンバイクのフラットハンドルだと25.4mm

また、Dedaには新規格として提案している、
35㎜径のフルカーボンハンドルがあるので
バークランプ径が35㎜の専用ステムも用意されています。

クランプ径はたった0.1㎜の違いなので、
31.8mm規格のステムを取り付けることも不可能じゃないんですが、
あまりお勧めできないという情報もあったので、

比較的低価格で見た目、性能、重量など、
総合的に良いと思ったので、デダ ゼロ 2ステムに決定。

ハンドルもDeda製を使ってますから、
ステムが同一メーカーの方が見た目的にも良いと思ったので。

もう一点注意が必要な所が、
「スタックハイト (ステム・コラムハイト)」 です。

「スタックハイトって何?」 場所は下の画像参照。

P1000789-1
ハンドルステムのメーカーや種類の違いによって、
この部分の長さが違ってくるので、要注意です。

何故注意が必要かというと、現在ポジション調整中で、
コラムカット前でスペーサーでハンドルの高さ調整している場合は、

スタックハイトのサイズが違うステムの使用も、
スペーサーの厚みで調整して装着可能になるけど、

コラムカットしてあり、スペーサーで調整不可能な場合は、
スタックハイトには十分注意してステム選びをする必要があるってことです。

今まで使っていたステムよりスタックハイトが厚くても薄くても、
そのままだとコラムキャップが上手く取り付けられなくなります。

ロードバイク購入の際や、ハンドルやステムを選ぶ際は、
スタックハイトやバークランプ径を十分考慮した上で、
商品選びを行わないと、「宝の持ち腐れ」 になってしまいますね。

もう一つアングル角と言うのがあるんですが、
(コラムに対してステムの上下角)
簡単に言えば、ハンドルが上になるか下になるかってことなので、
その辺は好みやセッティングの問題なので個々の判断になるかな?

私はアングル角がどうこう言えるレベルに達していないので、
これに関しては何とも言えません。

ステムを上下逆付けして角度調整して使用する人もいるようですが、
デダステムの場合だと、ロゴが上下逆になるので逆付けはNGかな

ハンドルステム交換の流れ

購入したステムを箱から出すと以下の内容。

P1000767
説明書には日本語での説明は書かれていないので、
Dedaさんちょっと不親切って感じがしました。

まあ、説明が無ければ取り付けできない物では無いので、
特に困ったことがある訳じゃないんですが、

日本の自転車市場って、世界的に見ても、
そこそこ良いマーケットなはずですから、
日本語表記があっても良いと思いません!?

そんなことを思いながらステムの取り付け開始です。

真横から
P1000768

上から
P1000769
ピンボケで失礼

正面
P1000770
またまたピンボケ失礼

真裏
P1000772
現在装着中のステム。

P1000773
サイコン本体とハンドルを外します。

P1000775
ステムを外します。

P1000781
外したステム。

P1000776

P1000778
自分の汗で錆びついたボルト。

P1000777
※特に力の加わり方が強いような重要部分の場合、
固定ボルトの再使用は避けた方が良いそうです。


この錆を見ると、ロードバイク上での格闘が甦ります。(笑

外したステム(上)と、新しいステム(下)。

P1000779

P1000780
ハンドルステムを取り外したコラムに、新しいステムを装着します。

P1000782
先に書いたように、同メーカーの同種類なので、
スタックハイトサイズが同じなのでそのまま差し込むだけでOK。
(ネジは仮止め程度)

次にハンドルバーを取り付けます。

P1000783

P1000785
ハンドルの上下角とバークランプの上下の隙間に注意しながら、
ネジを少しずつ締めていき、ある程度締まってきたら、
四つのネジを対角線で締めこんでいきます。

バークランプの上下の隙間部分。
P1000789-2
ハンドルの角度も、外す前に、
ハンドルに書かれているゲージの位置を覚えておき、
再装着時にそれに合わせるようにしました。

P1000784
バークランプの本締めが完了したら、
仮止めしてあるコラム側のネジを締めていくんですが、
ハンドルが真っ直ぐになっているか注意しながら進めます。

ハンドルセンターが決まったら、
コラムキャップを先に装着してネジを締めます。

この部分を先に締めないでステムのネジを締めてしまうと、
コラムキャップのネジをきちんと締めて押さえることが出来なくなり、
その役目を果たせなくなるので注意です。

※コラムやハンドル等、カーボン素材の場合
 締め付けトルクには十分注意しないと破損の原因になります。


装着完了。

P1000789

後はサイコン本体を取り付けして完了です。

P1000801
初めてのステム交換でしたが、
「ステム交換時の注意点」 を、事前にリサーチしておいたので、
特に問題なく完了できました。

黒ステムから白ステムへと変わったので、
始めは違和感が多少あったけど、時間と共に慣れて行き、
今はハンドルも白にしてみたいと思っているまっちゃんです。

ステム交換後の走りの違いは・・・

ステム交換後、初めて走った時の印象は、
前傾がが深くなった分、肩甲骨周りと背中、腰への負担が、
少しだけ増えましたね。これは慣れの問題だと思います。

他の運動と同じで、ステムを長くした分、
今までとは違った負担が主に腰や背中に加わるので、
その部分が慣れるまでは仕方ないですね。

走りの部分での大きな違いを感じたのが、
ダンシングがとても行いやすくなった感じがして、

今までよりもダンシングが安定すると同時に、
距離も長く維持できるようになった気がします。

これはバランス位置が変わったせいだと思います。
1㎝の差がこれほど顕著に表れる事にはビックリです。

もう一点大きな変化を感じたのはハンドリングがマイルドになり、
まっちゃん的には扱いやすくなって好印象です。

「マイルド」と言う表現だと分り難いかもしれませんが、
今まではフロントタイヤの動きが若干ピーキーだったのが、
しっとりして安定度が増した感じです。

この辺は好みの問題もあると思いますが。

いずれにしても、ステム変更前に比べて、
ロードバイクでの走りがマイナスになった部分は無いです。

ロードバイクのポジション出しは、
とてもシビアで難しいことは理解してるので、

これからも色々と試行錯誤を繰り返して、より自分に合ったポジションを見つけるための努力と、多少の出費は必要になりそうです。笑

ステムに限らず、どんな小さなパーツでも、自分のロードバイクのパーツを変更することで、走る(テスト)楽しみが増えるは嬉しいものですね!


ロードバイクのキャリアがある程度ある人なら、より良いポジション出しの為にと、
大抵ステムを2~3種類は所有してますね。

ステムはそれ程高価な物では無いので、
色々な長さを試してみる事で新たな発見があると思います。

ロードバイク人気ブログが目白押し!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ロードバイク ブログランキング

スポンサーリンク

関連記事

P1000653

ロードバイク・サドルの話

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。 山梨は深夜から大雨が降り続いていて、 今朝

記事を読む

Garmin-1

ランタスティックロードバイクのデータをガーミンコネクトにアップロードする方法

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝。 当ブログの今現在のブログ村ロードバイクブログランキング

記事を読む

P1000275

fi’zi:k(フィジーク)のテストサドル

こんにちは、本日のご訪問に感謝です! このブログに訪れたのもきっと何かの縁なので、、 お時間

記事を読む

P1000838

ロードバイクのタイヤを交換した理由

こんにちは、ご訪問頂いたご縁に感謝です。 9月もそうだったんですが、 先日の台風が去った後、

記事を読む

P1010034

TOPEAKのライドケースとミスターコントロールの取り付け

当ブログにご訪問頂いたご縁に感謝です! 昨日(12月18日)の夕方から今朝にかけて、 まっち

記事を読む

P1000983-2

iphone用TOPEAKライドケース&ミスターコントロール

当ブログにご訪問頂いたご縁に感謝です! 日に日に寒さも厳しくなってきて冬真っ盛りになり、 自

記事を読む

IMG_1413

号外!まっちゃん初チームジャージ&ちょっとお願い!

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です! 昨日に引き続き今日も秋晴れの山梨の空。 こんな絶

記事を読む

P1000907

パールイズミの冬用サイクルウエア

今日のご縁に感謝! 「夢に挑む!」 チーム右京設立2年間密着取材ドキュメンタリーが、 20

記事を読む

WS000022

タイヤインプレ・パナレーサーvsビットリア

当ブログにご訪問頂いたご縁に感謝です。 先日、久しぶりに普段着を注文しました。 ロードバ

記事を読む

WS000148

GARMINに負けてたまるかCAT EYE

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝! ↓先ずは応援お願いします! ブログ村ロードバイクブロ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 183今日の閲覧数:
    • 149今日の訪問者数:
    • 224昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 988363総訪問者数:
    • 1468569総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑