*

FUJI VELO FESTA in FUJI SPEEDWAY 2014 後編

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。

数日前に軽いギックリ腰になってしまい、
直立で歩くのが困難だったまっちゃんです。

歩く姿は、腰をくの字に折り曲げて、
軽い前傾姿勢で何処かにつかまりながらじゃないと歩けない感じ。

昨日ぐらいから大分良くなって来たけど、
腰が良くなり始めたと思ったら今度は風邪引いちゃって、
ロードバイクに乗れるのはまだ数日先になりそうです。

腰は前から悪いので、年に数回は必ず同症状になるんだけど、
慣れてるとは言え、体の何処かに不調があるのはやっぱり辛いですね。

何よりも、ロードバイクに乗れないのが寂しい。(^^)ニコ

ブログランキングに参加しています。
読み進める前にポチっと応援してもらえると、ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まっちゃんの初レース、いよいよコースイン

前編の投稿から大分空いてしまったんだけど、
今日は富士ヴェロフェスタ2014の後編です。前編は→こちら

富士スピードウェイに着いてから、走行準備やブース巡り、
FBフレンドさんやちゃりん娘との写真撮影等であっと言う間にスタート時間。

ピットロードを少し逆走する形で、
ロードバイクを押し歩きしながらコースイン。

各クラス毎に順番に並んでいくんだけど、
まっちゃんがエントリーした6時間チームエンデューロは一番後。

コース一杯に広がったロードバイクの群れの中に紛れながら、
イン側で行くかアウト側で行くか考えながら進む。

第一コーナーは右回りなので、スタート直後、
集団が外側に膨らんでくることを想定して気持ちイン側を選択。

IMG_0922_R

車のレースの時は予選でポジションが決まってるけど、
アウト側だった場合は、極力第一コーナーまでにイン側に寄って、
接触やオーバースピードで膨らんできたマシンを避けるようにしてたから、
ロードバイクレースでも位置取りに少しだけ配慮した感じだ。

コース上でスタートまでを待つ僅かな時間に、
自動車レースに没頭してた時代のことが脳裏に浮かんで来て、
マシンは違えど、再びこの場所に居ることのできる幸せを噛みしめた。

決して満足な結果を残してレース界から去った訳じゃ無いから、
もうサーキットを走れないと言う事実から逃げるように、
レースを止めた後、約5年間、サーキットに足を運べなかったんだ。

この景色、匂い、風、空・・・
それを感じることで辛く寂しくなるのが怖くてね・・・。

正直、今でもレーシングカーでこの場所に戻ってきたいのが、
本音中の本音だけど、好きなロードバイクで立てたんだから、
これはこれで幸せなことだと思ってる。

みんなだってきっとあるよね、野球、サッカー、サーフィン、
バンド、スキー、スノボ、その他色々。

多感な頃に、心血注いで夢中になった事って、
何十年経ったって、決して自分の中では色あせていないはず。

想い出に縋っても仕方ないって思う人が居るかもしれないけど、
まっちゃんは楽しい想い出も辛い想い出も、
その全てのお蔭で今があるって思うから、これからも大事にしたいと思う。

ちょっと話が逸れちゃったので戻しますね。(^^)ニコ

コースインした後は、来賓挨拶等の後に、
1分前からカウントダウンが始まり、5・3・2・1、いよいよスタート。

「焦らず気張らず」 のはずが、、

最前列に並んでいる2時間ソロから順次スタートしていくので、
6時間チームエンデューロ組のスタートは2分程後。

特に目立った混乱等も無く順次スタートして行った。

一周目はマビックカーが先導して走るので、
事実上のスタートは二周目のホームストレートから。

軽めのギアでクルクル回しながら、第一コーナー、
サントリーコーナー、100R、ヘアピンと進んで行く。

富士スピードウェイは、まっちゃんが車で走ってた時から、
施設、コース共に大幅に改修されているので、

富士ヴェロ2週間前に行われた、「FUJI FREE RIDE」と言う、
自転車走行会に参加して、既にコースを走って確認しといたので、
そういった意味での不安は無い状態。

プリウスコーナー、最終コーナーを抜けて、ホームストレート。

ペースカーがピットロードへ消えて、
前を行く集団のペースが徐々に上がって行き、
それに釣られるように後方集団のペースも上がりいよいよスタート。

スタート直後はそこそこの密集状態なので、
とにかく他車と接触して落車しないことに注意して加速。

IMG_0647-1

IMG_0648

貧脚のくせにテンションMaxのまっちゃんは、
何故か無意味とも思えるスタート直後のスパートをして、
第一コーナーに差し掛かった時には、既に息絶え絶え状態。

第一コーナー先の下りを、息を整えながら走る。

順調に走りながら注意してた点は、
自分よりペースの遅い人を抜かす時の後方の確認。

前走者を抜く際に後方確認しないで急激なライン変更をすると、
自分より速いペースの人が迫っている場合、即落車になるから。

次の走者へキッチリつなげるためにも大事なこと。

まっちゃんは4周で交代の予定でスタートしたんだけど、
1周目はペースカーが入っていたので、一回目は5周でピットイン。

正直、自分の中での精一杯で走った5周は、
想像以上にハードで、ピットインする周の最終コーナーは、
ヨレヨレになって走ってたと思う。レースと言う緊張感もあるからね。

我がチームのローテーションは、
第一走者、私、第2走者、加藤君、第3走者、小林、第4走者、平賀さん。

ちなみに、エントリーした際のチーム名は、
「貧脚まっちゃんと愉快な仲間達」 です。(^^)ニコ

ピットインと同時に、足首に付けてある計測器を、
次の走者、加藤君に付け替えて、1回目のお役目は無事終了。

IMG_9276_R
向って右側のピナレロのバイクが加藤君。

加藤君を見送った後、自分のバイクをピット内に移動して、
ヘルメットやグローブを外してホッと一息。

喫煙所へ移動して、すかさず一服。

走っている時は苦しい時ほど、「煙草止めなきゃ・・・」
そう思うクセに、走り終わった途端に一服。

喫煙者にとっては、物事が一段落した後の一服がたまらないのだ!

自分に甘いまっちゃん再確認って所かな。(^^)ニコ

一服終わった頃に体の異常を感じ始める。

晴天で気温も高くて暖かい中で、
走行直後なのに尋常じゃ無い程の寒気に襲われたんだ。

殆どの人が半袖半パンで普通に居られる状況なのに、
まっちゃんはその時点でレッグウォーマ着用してるのに、
寒気が凄すぎて、一服するのもそこそこに直ぐに上着を羽織った程。

日陰で風通しの良いピット内では寒くて仕方ないので、
ピットの外の日当たりの良い場所で体を温める始末。

レースの2日程前に、「ちょっとおかしいかな?」
なんて感じてはいたんだけど、やっぱり・・・って感じだ。

なんか食べれば少しは良くなるかなぁなんて感じで、
持参した補給食とドリンクを胃袋に流し込んで、
ピットレーンに戻って加藤君の様子やレース全体の様子を観察。

走ってると一周があっと言う間だけど、
他者が一周してくるのを待つのは思いの外長く感じるから不思議。

加藤君も無事にラップを重ねてピットインして、
小林とバトンタッチ。

IMG_1039_R

小林が一周してストレートを戻ってきた。

そこで驚きの光景。

10台以上がトレイン形成してる速いグループの先頭に居たのだ!

次の周もまだ先頭引いてる。

本気で走ってくれてるのは実に嬉しいけど、
まだ先が長いので少し心配になった。

4周終えて小林がピットイン。平賀さんとバトンタッチ。

IMG_9334_R

トレインを引いてた小林は案の定、ピットに戻って来た時はこの始末。

IMG_1010_R

でも嬉しいよね、ここまでへばる程、
手を抜かずに本気で走ってくれたってことだから。

第4走者の平賀さんは、西湖のレースや大磯クリテリウムなど、
レース経験豊富な人。

IMG_9439_R

6時間耐久、まだまだ先は長いけど、
無事に全員に一回目を繋ぐことが出来、ひと先ず安心した瞬間。

平賀さんの次は再び自分なので、戦闘態勢の準備にかかる。

相変わらず寒気と脱力感が強いけど、
「病は気から・・・」、気合を入れる。

平賀さんがラップを終えるだろう10分ほど前から、
ピットレーンでバイクに跨り出番を待つ。

平賀さんピットイン、計測器を付け替えて、
まっちゃん2回目のコースイン。

IMG_9360_R

体調は悪かったけど、1回目よりいい感じで走れて、
上り勾配も苦しいながら、1回目の時よりもひと踏ん張り出来る感じ。

3周目、少し辛くなってきたけど、
とにかく精一杯ペダルを回すことに集中。

4週目、かなりヘロヘロになって来たけど、
気持ちを切らせてしまうと体がガクッと来てしまうので、
再度気合を入れ直して頑張る。

そしてピットイン。加藤君にバトンタッチ。

その後、順調に小林、平賀さんと繋いでいったんだけど、
まっちゃんは2回目の走行が終わった時点で、
体力消耗したことも影響して、かなり体調悪化。

IMG_1026_R

みなにはそのことは言わないでいたんだけど、
最後の走行は厳しいと感じ始めてた。

最終走者としてチェッカーフラッグ受けたかったけど・・・

レース中、3回ピットインが禁止になる時間帯があったので、
その時間に交代が当たらない様に時間調整した結果、
チェッカー前の最後の時間帯はまっちゃんの担当になる事になった。

でも、とても走れる状態じゃ無くなっていたので、
自分の中で格闘が始まった。

遅くても走ってチェッカーを受けるか、
他のメンバーに交代してもらうか・・・?

自分が走ったら、みんなが頑張った分を帳消しにしてしまうので、
小林にもう一度走ってもらう事にした。

本当は最後、自分がチェッカー目指して走りたかったけど、
気合じゃどうにも成らない程、悪寒と疲労感に包まれていたまっちゃんは、
泣く泣くピットから声援を送る側を選択したのだ。

小林もかなり疲れてる様子だったから、

「30分位のインターバルでもう一回行けるか?」 と聞いた所、

「大丈夫です!」

最後は小林に走ってもらう事になった。

小林を選んだ理由は、彼は今年で大学卒業で来年からは社会人になるので、
少しでも多くサーキットに思い出を刻んでほしいと思ったからだ。

社会人になれば、学生時代の時の様に乗れなくなるだろうし、
今はピンと来なくても、時間の経過と共に、
きっと今日の事を懐かしく思い出してくれる日が来るはず。

平賀さんから最終走者小林へバトンタッチ。

ストレートを懸命走ってくる小林のその姿から、
相当疲れている様子がうかがえる。

ピット前ストレートを通過するごとに、「がんばれー」 と声援を送る。

IMG_9426_R

2周、3周、・・・

そして、いよいよ6時間終了の時が近づいてきた。

IMG_0656

疲労から相当ラップタイムも落ちてるようで、
小林がなかなかストレートに現れない。

最終ラップになるであろう周回のストレートに、
ヨレヨレになりながらも必死にペダルを回す小林の姿が現れた。

「ラスト、ラスト」 と、精一杯の声援を送った。

そして、チェッカー。

IMG_0658

6時間、長いようで終わってしまえばあっと言う間だった。

まっちゃんの初レースは、
チームのみんなに助けられて無事完走できた。

嬉しい、実に嬉しい。

小林が戻ってくるまで、他のメンバーと握手を交わしながら、
久しぶりのレースでの喜びを噛みしめる自分がそこにいた。

想定外の高順位にビックリ!

レース終了後、みんなで少し談笑した後、
荷物や機材の片づけをしながら帰り支度開始。

初レースなのでそれほど気にしていなかった順位だけど、
レースと名の付く物に参加した以上、やはり順位は気になる所。

各メンバー帰り支度も終わったので、
レース結果が出るのをみんなで待つことに。

待ってる時に宇都宮ブリッツェンに増田選手が居たので、
一緒に写真を撮ってもらった。

IMG_0664

初めて実物を見たけど、いかにもモテそうな感じのイケメンで、
あの強靭な走りからは想像つかない程の優しさを感じ取れた。

結果が出るまで大分時間がかかったけど、
まっちゃんチーム初レースの結果が出た。

6時間チームエンデューロ参加103チーム中、
なんと、27位という好成績。

IMG_0666

正直、下から数えた方が早いだろう結果を予想していたので、
この結果にはメンバー全員満足気な感じ。

全てのクラスでの結果が出た後は、各クラス毎の表彰式や抽選会などが行われ、
会場に残った参加者達で大いに盛り上がった。

表彰式終了後、4時間チームエンデューロに参戦した、
タレントの安田大サーカス団長と小島よしおさん、
プロロードレーサーでINTERMAX代表の今中大介さんによる、
トークショーが開催されたんだけど、

彼達3人のチームは優勝宣言をしていて、
優勝できなかった場合は罰ゲームをする約束になっていた。

予想通り?優勝は出来なかったので、
ここで一人一人事前に約束した罰ゲームが行われて、
会場は笑に包まれて大いに盛り上がったんだ。

IMG_0667

IMG_0670

で、怒られそうだけど、今中さんの罰ゲームシーンを、
iPhoneで動画に収めたんでお楽しみください。
きっと2度と見ることの出来ないであろう秘蔵シーンです。



こんな感じで最後まで大いに盛り上がった、
まっちゃん初参加イベントの富士ヴェロフェスタ。

本当に有意義で楽しい一日を過ごせました。

初めてイベントに参加して感じたんだけど、
自転車乗ってる多くの人にイベントに積極的に参加してほしいと思った。

このブログは、これからロードバイク等を始めたいと思ってる人や、
ロードバイク(自転車)初心者の人の訪問が多いので、
その方たちには特に強く伝えたい。

街の小さなイベントでも良いし、ショップの走行会でも良いし、
大きなイベントでも良いので、躊躇しないでイベントに参加して、
良き仲間、良い想い出を沢山沢山刻んで欲しいって思います。

お帰りの前にブログランキング応援をポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

WS000092

大磯クリテリウムへ出陣

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 先日降った大雪のお蔭で、走る時間があるのに実走出来なく

記事を読む

blur_edges-11

2014年、初ライド&チャリ詣

当サイトにご訪問いただいたご縁に感謝です。 突然ですが、お正月太りしてますか? 私の場合

記事を読む

WS000017

レース初挑戦!富士チャレンジ200・7時間エンデューロ

当ブログへご訪問頂いたご縁に感謝です。 先ずは心配される台風についてですが、 15日夜から1

記事を読む

IMG_0820

Mt富士ヒルクライム本番

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。 台風8号が去った後から青空が出る割合が増えてきたので、

記事を読む

IMG_0395

ロードバイクで今年最初の富士山一周のはずが・・・

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 まだブログ記事としての報告前なんですが、 5月11日

記事を読む

IMG_0326_R

道坂峠→山伏峠→三国峠 峠三昧&オマケ河口湖

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 前回の投稿で、更新間隔の低さをお詫びしたんだけど、

記事を読む

IMG_0761-1

ロードバイクで富士山五合目ヒルクライム、三発!?

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。 梅雨時だから仕方ないけど、毎日曇りや雨の日が多くて憂鬱

記事を読む

IMG_0444

朝霧高原ライドとスバルライン一合目下(動画あり)

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 まっちゃん2度目の自転車イベント、 「Mt富士ヒルク

記事を読む

WS000107

貧脚の挑戦!FUJI VELO FESTA 2014

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 雨の木曜日。 ここの所毎週のように木曜日は天気悪いで

記事を読む

IMG_0290_R

まっちゃん東京都内を爆走!?

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 気温も上がり日差しも強くなってきて、 自転車乗りの季

記事を読む

スポンサーリンク

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 27今日の閲覧数:
    • 21今日の訪問者数:
    • 224昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 988235総訪問者数:
    • 1468413総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑