*

Mt富士ヒルクライム本番

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。

台風8号が去った後から青空が出る割合が増えてきたので、
灼熱地獄の中でライドを楽しんでる人も多い事でしょう。

まっちゃんはと言えば、
ちょっと色々あってまったく乗れて無いです。

あれほど待っていた青空がせっかく顔を出し始めたのに、
乗れない状況になってしまうのは神様の悪戯?

な~んて書くと、「日頃の行い・・・」って言われそうだね。(^^)ニコ

一人で悩み凹んでいても何も始まらないので、
今日は走りに行って、「気分転換&気合注入しなきゃ!」

そう思って窓から空を眺めたら、思いっきり雨雲が広がっている。凹凹凹

そんな今日この頃ですが、今日は、2014年6月1日に挑戦した、
第11回Mt富士ヒルクライム本番の模様をお届けしますね。

ブログランキングに参加しています。
読み進める前にポチっと応援してもらえると、ブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Mt富士ヒルクライム本番の朝

時間の無い朝に慌てて積み込みをすると、
寝ぼけていて何か忘れる可能性が高くなるので、

前日の夜にロードバイク以外で必要な物は、
全て車に積み込んでおいたので、本番の朝はジャージだけ着て、
ロードバイクを積み込んで出発するのみ。

5時過ぎに起床していつもの様に珈琲を入れる。
最近飲み始めてすっかりお気に入りになっている、
鹿児島の友達が丹精込めて焙煎しているペンタトニックコーヒー

起床後直ぐに最高に美味いコーヒー飲むことで、
頭も体も寝ぼけたまっちゃんは寝ボケ野郎から貧脚野郎へ変身。

「変身」と言っても、「寝ボケ野郎→貧脚野郎」じゃ、
どちらも似たようなヘタレな感じだけどね。

コーヒーを飲みながらジャージに着替えて、
忘れ物が無いか一応再度チェック。

身支度しながらのんびり朝のコーヒータイムを楽しんでいたら、
時計の針は5時45分になっていた。

いつも思う事だけど、朝ってなんで時間が経つのが早く感じるんだろう?

下り用の防寒着等の荷物を預けるためには、
6時半までに会場に到着する必要があるので、直ぐに出発してギリギリの時間。

「荷物預けどうしようかなぁ・・・」 少し考える。

結局、荷物預けは利用しない事に決めて、
スタート時間に間に合うように家を出る事にした。

ちなみに、身軽な状態でヒルクライム出来るように、
主催者側で五合目で荷物を運んでくれるのが、「荷物預け」

下り用の防寒着やツールボックス等を、
指定された袋に入れて預ける事で運んでもらえます。

普段と変わらずフル装備のまま登る人も居るけど、
ヒルクライムの場合は特に、軽い状態で登る方が有利なので、
殆どの人が最低限の装備で登ります。(レースの場合)

ここだけの話・・・

6時ちょっと過ぎに会場に向けて出発。

富士ヒルの参加者は6000人を超えるので、
富士北麓公園の近くにある複数の場所が駐車場として指定され、
参加者は指定された駐車場を利用する形になるんだけど、

まっちゃんが指定された駐車場は、
運悪く富士北麓公園からかなり離れていたので、

貧脚力&貧体力温存の為?指定された駐車場まで行く事を止めて、
地元の利を生かして会場近くの別の場所に車を止める事にして、
そこでロードバイクを組み立てた後、会場に向かった。

「ズルイー、チョンボー」 とか言わないでね!

念の為言っておくけど、無断駐車とかじゃないですからね。

駐車場から出発して直ぐに数人の参加者達に遭遇したんだけど、
その方達のヘルメットが視界に入った瞬間、「あっ・・・」

あれほど準備万端にしてきたつもりだったのに、
自分のヘルメットにゼッケン貼るのを忘れていたことに気付く。

直ぐに車に戻ってヘルメットにゼッケンを貼り再スタート。

数キロ走って会場に到着。

凄い数の参加者&ロードバイクにテンションMax!

この日は前日に引き続いて快晴で、
これ以上無い程の絶好のコンディション。

会場に着いてその参加者の多さに圧倒されつつ、
スタート待機場所に向かった。

途中にあるトイレの前は長蛇の列で、
トイレットペーパーが箱ごと大量に入口付近に置いてある。

噂には聞いていたけど、ここまで凄いとは思わなかった。
並んでいる殆どの人が、「小」 ではなく、「大」 の方だろう。

そんな光景を横目に競技場内の待機場所に向かった。

既に早いスタート組の移動が始まっていた。

IMG_0816

まっちゃんのスタート時刻まではまだ20分位あるので、
待機場所にバイクをスタンバイして、長蛇の列のトイレに向かう。

それにしてもすごい数。
IMG_0815

トイレの長蛇の列の写真を撮るのを忘れてしまった。

トイレ前で順番を待つ間に昨日買ったジェルを流し込む。

後ろに居た20代ぐらいの男の子は、一気にパワージェルを二本飲んでた。
正直、「それは無駄使い・・・」 そんな風に思ったけど、

二本飲む気持ちは痛い程分るので、
そんな光景からも緊張感が高まった感じだった。

まっちゃんが並んだトイレの列は比較的短い方だったけど、
流石にみなさん 「大」 なので、なかなか進まない。

その間も各組順次スタート場所に向けて進み始めていて、
あと少しでまっちゃんの組の移動も始まりそうな気配。

やっと自分の順番が回って来てトイレ済ませた時には、
まっちゃんの組、第11ウェーブの移動が既に始まっていて、

慌てて誰も居なくなったバイクの所に駆け足で行ったんだけど、
自分のバイクの場所を見失ってしまい右往左往。

やっとバイクを見つけて自分の組を追いかけて、
途中ワープしながらなんとか無事合流。

その後競技場の外周路を歩いて移動するんだけど、
こんな状態です。

IMG_0817

で、競技場のトラックを一周押し歩きして、
やっとスタートラインについてスタートです。

IMG_0819
奥のスタンド前にある黄色い所がスタートライン。(計測開始は別の場所)

初参加の富士ヒルクライムのスタート!

計測開始地点まで慣れ親しんだ道程だけど、
この日の緊張感とワクワク感は初めての感覚。

これまで何度もモガキ苦しんで来たスバルラインの事を思い浮かべながら、
計測開始地点に向かって進んで行った。

ロードバイク購入後、初めて走った時の事、
富士スバルラインに初挑戦した時の事、

三度目の挑戦で初めて脚付き休憩無しで、
スバルラインを登り切れた時の事など・・・。

色んな思いを胸に抱きながら、計測開始地点を通過して、
自身初のMt富士ヒルクライムのスタート。

計測開始は、スバルライン料金所手前にある、
勾配約8%の上り坂の下から始まるんだけど、

無理せずフロントインナーに落として、
スタートからオーバーペースにならない様に気を付けた。

そしてもう一つ注意した点は、他車との接触。

この二点に注意しながら進んで行ったんだけど、
こんな集団の中を走るのは初めてなので、少し手こずる場面もあった。

登り始めて2km位の所で、既にパンクに見舞われた人や、
メカトラブルか何かで押し歩きで逆走してる人も居たので、
そんな不運が自分に起こらない事を祈りながらペダルを回した。

富士ヒルの場合、エントリー時に登坂タイムを自己申告して、
そのタイムによってスタート順(グループ)が決められるんだけど、

いざ一緒に走ってみると、同グループに速い人も居れば遅い人も居て、
ペースを作るのが少し大変な感じだった。

ちょっといい感じで登って行く人を見つけては、
「金魚の糞作戦」 で、後ろにへばり付いて行ったんだけど、

混雑してるからどうしても詰まってしまう場面もあるので、
そこでペースダウンしてしまい、

それを取り返すために少しペースを上げると、
ペースと一緒に自分の息も上がっちゃったりしたので、
不安定な走りになってしまう場面に多々見舞われた感じ。

まあ、初めてのヒルクライムレースなので、
その辺を上手く処理できないのも経験不足って面でもあるんだけどね。

そんな感じで登って行ったんだけど、
自分の中での目標タイムを達成するためには、
もうちょっとペース上げないとダメだなって事は、
走りながら本能的に感じていたので少し頑張る。

過去最高は料金所から1時間56分だったので、
この日の目標は料金所から数分手前の計測開始地点から、
1時間50分を切る事を目標にしてた。

自己ベストを8分以上縮める事になるので、
ちょっと無謀な目標だったかも知れないけど、
「目標は高く・・・」 って事で。(^^)ニコ

勾配のキツイ所で頑張りすぎると、
脚力&体力を必要以上に消耗してしまうので、

一合目を過ぎて二合目から三合目の間の、
比較的勾配の緩い所が多くなる場所でペースアップしてタイムを稼ぐ作戦。

周りの参加者に目をやると、表情を変えずに淡々とペダルを回す人、
必死にもがきながらペダルを回す人、色んな人がいる。

その人達一人一人が、まっちゃん同様に色んな思いを胸に、
今この瞬間を闘っているんだなぁと思うと、熱い物がこみ上げてくる。

そんな込み上げてきた物を力に変えて、
まっちゃんも必死にペダルを回す。

一人で登っている時には絶対に無い感覚。

いつもの様に三合目ぐらいから激しい腰の痛みに襲われたけど、
ダンシングで腰を伸ばしてシッティングに戻るを繰り返し、
苦しさ&腰痛と闘いながら登り続ける。

途中に設けられている給水地点で、
スタッフの方たちが熱い声援を送ってくれるので、
そんな声も苦しい時の力に変わってくれる。

四合目を過ぎ、五合目手前にある平坦区間に差し掛かったので、
力を振り絞って加速態勢に入る。

運よく良いペースで走る人が直前に居たので、
真後ろについてドラフティングの恩恵を受けながら進む。

最後のトンネル手前の上りは勾配が少しきついので、
思いっきりペースダウンするけど、自分なりに頑張る。

トンネル抜けるとあと数十メートルでゴール。

多くの人が道路脇で沢山の声援を送ってくれる。

その声の一つ一つがペダルを回す力に変わってくれて、
いつもなら苦しさMaxでヘタレて失速してるこの場所で、
失速せずに進んで行く事ができた。

そして・・・

初挑戦、2014.Mt富士ヒルクライムのゴール。

ゴール直後に直前の人が落車して危うく巻き込まれそうになったけど、
何とか回避してそのまま脇によって停止。

苦しくてうつむいてハーハーゼーゼーしてると、
直前に居た人が今にも崩れ落ちそうなまっちゃんを見兼ねて、
笑顔でバイクを支えてくれて一言、「Are you all right?」

息切れしてるまっちゃんは満足な返事も出来ずに、
右手の親指立てて、「OK」。

息も落ち着いた所で、ゴール後のワンショット。

IMG_0820

いやー本当に感動!

何度も登っている五合目だけど、
また違った感動に包まれた瞬間でした。

本当に本当に、思い切ってエントリーして、
そしてこの大会に参加して良かったと思ったし、

速いとか遅いとか関係なく多くの人に参加もらい、
この感動を味わってもらうと同時に分かち合いたいって思いました。

既に順次下山も始まっているにも関わらず、
スバルライン富士山五合目はこんな状態です。

IMG_0822

IMG_0823

IMG_0824

IMG_0825

丁度近くにフェイスブック、「ロードバイク会」 の、
FBフレンドの多田さんが居たのでお初のご挨拶と記念の一枚。

IMG_0827

同じくFBフレンドの三谷さんと。
IMG_0829

続いて以前このブログにも登場している小山内さん。
IMG_0831

他にも沢山のFBフレンドさんが参加してたけど、
流石に人が多すぎて会える方が奇跡って感じでした。

五合目でしばらく休憩した後、下山開始。

この時点でまだ登ってくる人が沢山居たので、
「がんばってー」、「もう直ぐゴールだよー」・・・と、

声援を送りながら下山開始を待ちました。

一応ウインドブレーカー等を着こんで下山したけど、
この日は好天すぎて、下りでも防寒着無しでOKって感じでした。

下山後は参加者に無料で振る舞われた、
「吉田のうどん(もどき)」 を頂いて終了となりました。
IMG_0834

来年も絶対に出場したい大会

色んな思いを胸に出場した富士ヒルだけど、
こうして時間が過ぎれば過ぎるほど本当に挑戦して良かったと感じてます。

ヘタレなまっちゃんは、以前書いたように、
出場を躊躇してたんだけど、そんな自分が恥ずかしいと思える程、
富士ヒル出場で得た感動は大きくて、

まだ終わったばかりなのに、

「早く来年の富士ヒル出たいなぁ・・・」

そんな風に思ってます。

上手く文字には出来ないけど、
自分との闘いの後に迎えるあのゴールの感覚は、
ヒルクライムならではの本当にスペシャルな感覚。

富士山から遠い所に住んでる人は、
富士ヒルに参加するのは無理かもしれないけど、

近くで参加可能な大会があったら、
是非ヒルクライムイベントに参加して欲しいと思う。

小さな山でも大きな山でも
頑張った後の感動の大きさは同じはずだから・・・。

そうそう、肝心のまっちゃんのタイムだけど、
IMG_0835-1

目標タイムには及ばなかったけど、計測地点までの時間をマイナスすると、
自己ベストは5分強更新出来たので、◎はやれないけど〇って感じかな?

だってさ、去年初めて登った時は3時間以上掛かったから・・・(^^)ニコ

◆2014 Mt富士ヒルクライム出走・完走データ(2014.6.1)

【エントリー数】6,590名

【受付数】6,270名(受付率:95.1%)

【出走者数】6,165名(出走率:98.3%)

【完走者数】6,067名(完走率:98.4%)

お帰りの前にブログランキング応援をポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

00146

富士山 麺と食のフェスティバル

ご訪問頂いたご縁に感謝! 今日は地元山梨、富士山のイベント情報です。 ↓先ずは応援お願い

記事を読む

WS000249

♪まっちゃんヒストリー2 実はシェケナベイビーだった!

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝! 当ブログの今現在のブログ村ロードバイクブログランキング

記事を読む

5e3f667133_o

ちょっとジーンとくる熱いメッセージ映像

ご訪問頂いた奇跡に感謝! 約半年間休んでしまったブログだけど、 再開後は頑張って二日

記事を読む

IMG_0521

ロードバイクで富士スピードウェイ

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 今日は午後から軽くライドの予定が、 突然、雨と氷が降

記事を読む

IMG_2058

☆河口湖までのつもりが富士山一周

ご訪問頂いたご縁に感謝! 昨日、一昨日とポカポカ陽気で、 冬用のジャージからやっと卒業できる

記事を読む

P1000051

ロードバイク初走行

2013年6月11日、人生初のロードバイクが納車されたんだけど、 季節は梅雨のど真ん中で数日バイク

記事を読む

IMG_1413

号外!まっちゃん初チームジャージ&ちょっとお願い!

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です! 昨日に引き続き今日も秋晴れの山梨の空。 こんな絶

記事を読む

P1000622

ボリューム満点!安くて美味い店! 「松鶴」

こんにちは、本日のご訪問ありがとうございます。 太平洋沖で台風が発生して、 このままの進路だ

記事を読む

IMG_0290_R

まっちゃん東京都内を爆走!?

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 気温も上がり日差しも強くなってきて、 自転車乗りの季

記事を読む

IMG_3526

ロードバイクで鹿留林道から二十曲峠ポタポタ

ご訪問頂きたご縁に感謝! 当ブログの今現在のブログ村ロードバイクブログランキング 痛めた

記事を読む

スポンサーリンク

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 192今日の閲覧数:
    • 130今日の訪問者数:
    • 305昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 945957総訪問者数:
    • 1411662総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑