*

油断禁物ハンガーノックに気をつけろ!

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です!

始めに、大雨による土砂災害に遭われた方々に、
一日も早い復旧を願うと共に心よりお見舞い申し上げます。

西日本地方は相変わらず不安定な天候が続いているみたいですが、
今日の山梨は快晴で、爽やかな青空が広がってます。

まっちゃんの家の目の前に田んぼがあるんだけど、
5月に田植が行われた後、日々スクスクと育っていて、
来月下旬辺りには収穫の時期を迎えそうです。

稲穂が垂れてくる光景を見ていると、

「秋は直ぐそこまで来てるんだなぁ」 って感じると共に、

大好きな夏の終わりも足音を立てて近づいているんだなって感じで、
「寂しい!」 そう強く思ってしまいます。

今年の夏、素敵な想い出沢山刻めましたか?

まっちゃんは昨日苦い想い出を一つ刻んで来たので、
今日はその事をお届けしますね。

他にお届けしたいライド記事がいくつかあるんだけど、
ちょっと大事な内容と言える部分も多々あるので、
他は飛ばして今日は昨日のライド中の事件について書きますね。

ブログランキングに参加しています。
読み進める前にポチっと応援してもらえると、ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スタート時は元気一杯!

今日は、2014年8月21日の出来事についてお届けします。

前日、富士スバルライン富士山五合目に、
ロードバイクで駆け上がって来たんだけど、(駆け上がるは嘘です超鈍行)
最近仕事も暇と言う事もあって翌日も午後から走りに行きました。

暇で天気が良い、選択肢は一つしか無いですよね!

超貧脚なまっちゃんの両足は少しだけ疲れが残ってる感じだったけど、
少しペダル回した方が疲れが取れるだろうってレベルだったので、
友達にもらったパスタソースで大盛りパスタでブランチ終了後に自宅を出発。

チョット前に雷雲に邪魔されて途中までしか行けなかった、
朝霧高原に行って見る事にしたんだ。出発したのは11時45分

いつものR139号線を灼熱地獄の中進んで行く。

出発前は、「少し疲れてるかなぁ・・・」っと思ってた脚も、
2kmぐらい走った頃から調子良くなってきた。

信号待ちの度に、全身から汗が噴き出してくるけど、
そんな状況も夏ライドならではの楽しみかもしれない。

15km程走って富士吉田市内に入り、
そのまま鳴沢方面に向かって進む。

暑さ&ニコチン補給の為日影で休憩したいと思いつつ、
鳴沢のセブンイレブンまでは信号待ち以外は休まず進んだ。

鳴沢セブンイレブンに到着して、
すぐさまガリガリ君で火照った身体と喉を潤す。

汗をたっぷり流した後のガリガリ君は実に美味い。
嫌な甘さも残らないし60円台と言う価格も嬉しい。

コスパ最高の氷菓だよね。

15分程ゆっくりと休憩した後、朝霧高原に向けて再出発。

朝霧高原からの絶景富士山見れず!

139富士パノラマラインから県道71号線に入り、
数キロアップダウンを走った後に、本栖展望台で小休止。

IMG_1174
7月31日にこの場所に訪れた時に、
お気に入りの携帯灰皿を忘れてしまったので、
「もしかしたら・・・」 と探してみるも流石に無かった。

グリコワンセコンドBCAAを補給して再スタート。
ここから先はしばらくダウンヒルが続く。



朝霧高原から見る富士山が好きなので、
絶景ポイントでバイクを止めてみたけど、
残念ながら富士山は分厚い雲に覆われて見ることできず。

IMG_1175
この日の目的地だった朝霧高原に着いたものの、
若干雲はあるけど良い天気なので、もう少し進んでみる事にした。

ここから数キロ走って富士ミルクランド。
入口で写真だけ撮って先へ進む。

IMG_1177
ルート沿いにある奇石博物館
IMG_1180
富士宮市上井出交差点角にあるコンビニで、
ドリンク購入して冷やしうどんで補給。

IMG_1179

IMG_1178
うどんを食べながら少し考える。

ここを右折して白糸の滝でも眺めて帰るか?

ここまで来たからこのまま富士山一周するか?

結果は、富士山一周する事を選択、ここまでの走行距離は約60キロ。

真夏の富士山スカイラインは甘くなかった!

既に午後3時を過ぎていたので、
明るいうちに走り終えるのはギリギリな感じだったけど、
ヘッドライトもテールランプも装備してるから、
最悪暗くなってもOKって事でコンビニから再スタート。

約8キロ程進んだ所にある篠坂交差点で、
この先のルート選択で少し考える。

IMG_1182
直進して469号に出て富士山こどもの国や、
富士サファリパークを横目に走るルートと、

全長26キロある180号線富士山スカイラインの、
半分の約13キロを横断するコース。

当然富士山スカイラインコースの方が、
469号線を進むコースよりもハードな事は知ってたけど、
あえてハードなコースを選び進む事にした。

この時、ヘタレなまっちゃんがハードなコースを選択したのは、
貧弱な自分の心と身体を少しでも鍛えたくて選んだんだ。

補給場所の有無が分らない時は要注意!

篠原交差点を左折して富士山スカイラインに入る。

IMG_1183
ここは去年、ピナクラブと言うSNSで知り合い、
今年6月に富士スバルラインに一緒に登った野澤君(やっちゃん)と、
もう一人三浦君と一緒に去年9月に一度だけ登った事がある。

その時は、篠原交差点を左折して直ぐ右側にある、
「富士山さくらの園」と言う所まで車載だった。

でも今日はここまで自宅から約70kmを自走で来たから、
その時とは少しだけ条件が違う。

去年走っているので、スバルラインに比べて、
脚を休める事ができるような平坦箇所が殆ど無くて、
平均勾配もキツイのでその厳しさは体感して知ってたけど、
半分横断するだけだからと、少し過信してた部分があった。

富士山スカイラインの料金所跡までが約13kmで、
そこから更に13km登ると新富士山五合目なんだけど、

昨日は半分の料金所跡までの13kmの所まで登って、
その先を下って行き御殿場を目指す予定だった。

登り始めて直ぐに、去年登った時の苦しさが甦ってきた。

去年、新五合目まで初めて登ったんだけど、
なんと、休憩無しだったのに2時間45分もかかったんだ。
その時の模様は→こちら

去年一度走った事があるだけだから、
自販機等、補給できる場所があるかどうかも分らない状況で、
速度10km以下の鈍行状態で登る。

この時点でドリンクボトルの残量が約三分の二で、
バックポケットにエネルギー補給ジェルが一本残っている状態。

山梨側と比べ、静岡側は暑さが厳しくて、
山梨側に比べると日影でも涼しさが少なくて、
生ぬるい感じの空気が体にへばり付く感じだ。

そんな中、平均勾配6.6%の山道を登って行くと、
容赦なく水分とスタミナを奪われていく。

貧脚ヒルクライマー過去最高の試練

5km程登った頃にはドリンクを飲み干してしまい、
残るはエネルギージェル一本のみ。

「ちょっとマズイぞ」 と思いつつも、
貧脚ヒルクライマーとして後退する事は選択肢に無かった。

「負けてたまるか・・・」

この、自分の力量とその時の状況に対しての判断の甘さが、
更に苦しい事へ導いてしまったんだけどね。

喉の渇きと闘いながらひと漕ぎひと漕ぎを繋げながら、
迫り来る坂道を淡々と登って行ったんだけど、

スタミナは切れ始めてハンガーノック寸前、
同時に脚力も奪われていき、何度も何度も脚付きを堪えて来たのに、
どうにもならなくてとうとう脚着き休憩してしまった。

IMG_1184

IMG_1186
汗でビショビショになってるジャージの上だけ脱ぎ、
火照った体を冷やしながら最後のジェルを胃袋に流し込む。

ほんの少しだけ喉の渇きも潤った感じだけど、
砂漠のど真ん中で水が無く水場も無いような状況で辛い。

こんな時でもスモーカーまっちゃんは、
ウエストバッグから煙草を取り出して火を着ける。

一服しながら気の合う仲間と立ち上げた、
フェイスブックページの「貧脚組」へ、現在状況を写真と共にアップ。

直ぐにコメントが入ったので返信。

後にここで状況をアップして置いた事が、
自分を救うことになるとは夢にも思って無かった。

ハンガーノック寸前、屈辱の押し歩き

10分程休憩した後、気力を振り絞って再スタート。

坂道は容赦なくまっちゃんに襲い掛かってくる。

「この坂を越えるまで・・・・」

「あの坂の先まで・・・」

自分の中でそんな格闘を繰り返しながら、
あるはずの無い自販機を求めて進んで行ったんだ。

意識は朦朧としてくるし、脚は全く回らず、殆どハンガーノック状態。

キツイ傾斜の所では後ろに十分注意して、
蛇行して坂をクリアして行ったんだけど、
時々反対車線まで飛び出してしまったりして、
エネルギー切れによる運動機能の低下を強く感じた。

途中、西臼塚駐車場までの残り距離数を示す標識が出てきたので、
そこに自販機がある事を祈りつつ進む。

西臼塚駐車場手前500m位の所で力尽き脚着き。
初めて坂道でロードバイクを押し歩きした。

悔しくて涙が出そうだったから、10mぐらい押し歩きした後、
気力を振り絞って乗車して、駐車場までバイクを進めた。

水分補給出来る事を期待して辿り着いた駐車場、
しか~し、トイレしか無かった!

WS000176
一度目の休憩時より身体は更に厳しい状況になっていたから、
本気で、「これはヤバイぞー」 と、思った。

無い物は仕方ないので、敷地内にある、
屋根付きのベンチとテーブルが設置してある所で
ベンチに横になって一休みする。

「一休みする・・・」と言うよりは、もう動けなかったのが正解。

エネルギー切れと疲労のせいなのか、
ベンチに横になって目を瞑るとそのまま寝てしまいそう。

半分夢の中状態で横になっていると、車のエンジン音が聞こえてきたので、
パッと目を空けて見てみると、駐車場に入って来たのはパトカーだった。

一瞬、助けを求めようと思ったんだけど、
横になってる体を機敏に起こすことが出来なくて、
見回り巡回のパトカーは走り去ってしまった。

横になってる俺の事は視界に入ってたはずだから、
「大丈夫ですか?」 ぐらいの声かけしてくれても良いのにね。(^^)ニコ

時間も押していたから、重い体を必死に起して再スタート。

そこから3.5km程走ってやっと旧料金所が見えてきた。

一旦は通り過ぎたんだけど、頑張ってここまで来た記念に、
料金所跡入口の所まで行って写真だけ撮った。

IMG_1188

IMG_1190
ロードバイクをUターンさせるのも覚束ない程疲れてたけど、
ここまで来れば後は下りと言う安心感が少し元気をくれた。

コカコーラに救われ少しだけ復活

ここから2km程進んだ所に水ヶ塚駐車場と言うのがあって、
そこは富士登山のシャトルバスの発着所になってるから、
そこには自販機はあると確信してたのでそこへ向かった。

駐車場への進入路に居た警備員に、
「すみません、自販機何処ですか・・・」

警備員さん、「ほら、そこにあるよ」

目と鼻の先の視界の中に自販機はあった。

自分で探す時間さえ惜しい程、まっちゃんの身体は、
水分は奪われ疲労しきっていたのだ。

直ぐに自販機の前に行って、ミルクティーで糖分を摂取しようとしたら、
なんと、二台で四列あるミルクティーは全て売り切れ。

コーラを買って胃袋に流し込んだ。

旨い、本当に生き返った気分。

「生き返った気分」と言うよりは本当にこのコーラで生き返った。

途中圏外になっていて確認できなかった、
フェイスブックページの投稿を確認すると、
多くのメンバーから安否を気遣うコメントが入っている。

直ぐに現在状況をコメント欄に書き込んで、無事でいる事を伝えた。

夜の富士山スカイラインのダウンヒル

そしてメッセが一件入っていたので確認すると、
貧脚組のメンバーで職場が忍野村の小林君(以降、直ちゃん)から、

「仕事6時45分で終わるので迎えに行きます・・」 のメッセージ。

途方に暮れていただけにそのメッセだけでも元気がでた。
直ちゃんは男だけど、天使に思えた瞬間。(^^)ニコ

水ヶ塚駐車場には食堂みたいな所も併設されていたけど、
既に所持金も底をついていたので防寒着を身に着けて再スタート。

すでに時間は午後6時近くで、
ライト点灯が必要なほど暗くなってきている。

直ちゃんへの連絡は仕事が終わる時間の方が良いと思い、
暗闇の中スカイラインのダウンヒルを駆け降りていった。

キャットアイのVOLT300を装備してるんだけど、
日の落ち切った真っ暗闇の山道では、若干光量が不足って感じで、
疲れも伴ってかなりスリリングなダウンヒル。

とにかく早く帰りたくて飛ばしてた事もあるんだけどね、
下りだけは元気なアイルトンマツだから。

余談だけど、キャットアイのVOLT300、山道でもスピード低めなら問題ないし、
いままで一般道では光量に不満を感じた事は無いです。

自転車仲間の救いの手・・・

真っ暗闇の中、無事にスカイラインのダウンヒルも終わり、
着いた所は陸上自衛隊と米軍駐屯地のど真ん中。

丁度、午後6時45分を過ぎた頃だったので、直ちゃんに電話で連絡。

直ちゃんはまっちゃんが住んでる都留市の隣、
大月市に住んでるんだけど、まだ知り合ったばかりなので、
会った事もなければ電話で話すのも初めて。

軽く挨拶した後に待ち合わせ場所を打ち合わせして、
その場所に向かって再スタート。

水ヶ塚駐車場で飲んだコーラのお蔭か、
意識も大分しっかりして来て少しだけ楽な感じ。

でも、ちょっとでも上り勾配になると、
既に売り切れてる脚は思うように動かないから、
ヘッポコダンシングを交えながら必死に進む。

待ち合わせ場所は、「道の駅須走」にしたんだけど、
直ちゃんから道の駅須走に到着の電話が来た時点でまだ大分手前だったので、
道の駅須走の少し先にあるコンビニまで来てもらう事にした。

そして、無事にコンビニで合流。

まっちゃんがコンビニ駐車場に入った瞬間、
奥の方で大きく手を振って合図してくれた。

そして直ちゃんと初対面。

お恥ずかしい初対面!

初めて会うのにまっちゃんは汗臭&ボロボロ状態で、
とっても恥ずかしかったけど、「大丈夫ですか?お疲れ様でした・・・」 と、
直ちゃんは初対面のまっちゃんを優しい笑顔で迎えてくれた。

そして、スポーツドリンク二本と、あんぱん、おにぎりを、
「どうぞ、食べてください」と、そっと差し出してくれた。

お腹もペコペコ、喉もカラカラだったまっちゃんは、
あんぱんを食べながらスポドリ二本をあっと言う間に飲み干した。

お腹はメチャ空いてたんだけど、空き過ぎていたせいか、
何故かおにぎりまでは食べられなかった。

きっと疲れとあまりの空腹状態だったので、
胃が受付ない感じだったんだろうね。

でも、あんぱんを久しぶりに食べたけど、
心と身体に染み渡る美味しさだった事は伝えておくね。

二人でコンビニ駐車場の地面に座り込んだ状態で、
しばらく色んな話をした後、直ちゃんの愛車、黒光しているハリアーに、
まっちゃんのバイクを積み込んでもらい出発。

家に着くまで車内でロードバイクの話を中心に盛り上がり、
あっと言う間に都留インターに到着。

インターから5分程走って、まっちゃん宅の入り口付近で降ろしてもらい、
辛かったライドから無事に帰還できました。

会った事も話した事も無かったのに、
まっちゃんの緊急事態に迅速に対応してくれた、
直ちゃんの優しさと行動力には本当に感謝でした。

初めてのDNF(Do Not Finish)

今回のライド、ロードバイクに乗り始めてから、
初めてのDNFと言う残念な結果になったんだけど、
同時に、とても大事で貴重な経験もできたので良かった気がしてます。

今回ほぼハンガーノック状態に陥ってしまい、
かなり厳しい状況でのヒルクライムだったけど、

たまたま無事に帰って来れたから良いけど、
自分の甘さや過信等、反省点は多々あります。

自販機や補給できる店等の存在が不明な状況で、
手持ちの水分&補給食が心細いような場合は、
決して無理な挑戦はしちゃダメですね。

複数人でのライドなら助け合う等できるけど、
一人でのライド時は本当に注意が必要。

場合によっては命取りにも成りかねないので、
走るルートによっては十分用意が必要ですね。

街中に近い場所ならコンビニも自販機も沢山あるけど、
山の中はそうはいかないし、時間によっては本当に危険。

あと、今回出発時に1500円ほどしか持たずにでかけたんだけど、
これもダメですね。

それ程長距離走るつもりが無くても、
最低でも5000円程度は所持して出かけた方が良いです。

お金が無くて、飲めない、食えないは切ないからね。

まあ、今回に限って言えば、富士山スカイライン前半13kmの道程は、
仮に所持金に余裕があっても自販機も店の無かったからダメだけどね。

でも、頑張って峠を乗り越えて街中に降りても、
お金無かったら飲まず食わずになってしまうから、
万が一を考えてある程度のお金かクレジットカードが必要ですね。

最後に、今回ハンガーノックに陥った最大の要因は、
暑さによる体力と水分の消耗だった気がします。

富士山スカイラインを登り始める前に、
うどんで補給して水分も補給したけど、

ボトル一本とジェル一本携帯での登坂は、
暑さと消費エネルギーを考えると少なすぎたみたい。

今回たまたま無事に帰って来られたけど、
今後のライドは十二分に注意しなければと強く感じた一日でした。

みんなも気を付けてね!

ハンガーノック(英:Hitting the wall)とは、
日常生活で体験することはまれで、激しく長時間に渡るスポーツ時に、
極度の低血糖状態になることをさす。
自動車に例えるならばガス欠であり、肉体がエネルギーを失った状態を意味し、
自らの意志とは関係なく、体は動きを停止する。
意識がはっきりしている場合でも、思考は通常より鈍る。
回復には、ブドウ糖・果糖など、糖質補給が有効である。
一番早く回復させるには点滴を打つ。
予防策として、耐久競技など長時間に渡るスポーツにおいて、
適度な補給食を、こまめに摂取することを忘れないことがあげられる
引用:ウィキペディア

最後まで読んでいただいた事に感謝!

お帰りの前にブログランキング応援をポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

blur_edges-11

2014年、初ライド&チャリ詣

当サイトにご訪問いただいたご縁に感謝です。 突然ですが、お正月太りしてますか? 私の場合

記事を読む

WS000092

大磯クリテリウムへ出陣

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 先日降った大雪のお蔭で、走る時間があるのに実走出来なく

記事を読む

IMG_0641

FUJI VELO FESTA in FUJI SPEEDWAY 2014 前編

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。 日本列島も続々と梅雨入りしてきたので、 自転車乗りに

記事を読む

IMG_0326_R

道坂峠→山伏峠→三国峠 峠三昧&オマケ河口湖

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 前回の投稿で、更新間隔の低さをお詫びしたんだけど、

記事を読む

IMG_1460

ロードバイクで初めてのサザンビーチ

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です! 日が沈むのが日増しに早くなって来たので、 一日が短く

記事を読む

IMG_1256

バースデイライド&富士チャレ300

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です! イヤイヤイヤイヤ~、 久しぶり過ぎて何から書いて良い

記事を読む

IMG_0820

Mt富士ヒルクライム本番

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。 台風8号が去った後から青空が出る割合が増えてきたので、

記事を読む

IMG_1585

「天下分け目の東西対抗エンデューロinECOPA」

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です! いよいよ寒さも厳しくなってきて、 まっちゃんの住ん

記事を読む

IMG_1025

目的地も決めずにロードバイクで気ままライド!

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝! 皆さんお盆休みはいかがお過ごしですか? 台風も過ぎ去

記事を読む

IMG_0521

ロードバイクで富士スピードウェイ

当サイトへご訪問頂いたご縁に感謝です。 今日は午後から軽くライドの予定が、 突然、雨と氷が降

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. kiyo より:

    以前、松姫峠の記事に投稿させて頂いた大月の者です。

    大変な思いをされましたね。
    無事帰還できてなによりです。

    私は大月に引っ越してきて自転車を再開したクチですが、
    帰ってきてから補給食を持って出ないことが多く、反省しています。
    家から山までが近いので、「さっきご飯も食べたし大丈夫だろ」という心理なんでしょう。

    ところで、本日(24日)の午後に、まっちゃんが国道を吉田方面に登っていらっしゃるときに、
    上暮地の「下の水」の信号のところですれ違ったと思います。
    白と青のジャージの者です。
    私はシチズン電子の裏から西桂に抜け、そのまま高速の側道に入って大月まで帰りました。

    いつかぜひご一緒できたらと思います。

    • macchan より:

      Re:kiyo様

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      以前コメント頂いた時は匿名さんでの投稿でしたね。

      ハンガーノックになってしまった自分が言っても、
      説得力に欠けるかもしれませんが、
      走るルートによってはある程度に補給食持った方が良いですよ。

      松姫峠も何も無いですからね。

      今日信号の所に止まっていた、
      黒いロードの人がそうだったんですね。

      > いつかぜひご一緒できたらと思います。

      是非一緒に走りに行きましょう!
      私は遅いですけどね。(^^)ニコ

      最近宮谷にロード乗りの友達できたので、
      友達の輪を広げましょうよ。

      記事中で迎えに来てくれた直ちゃんがそうです。

      kiyoさんフェイスブックやっていたら、
      FBからも連絡くれると良いかもです。

  2. タイ象 より:

    ちょこちょこ拝見させて頂いております。
    夏のライドは、予想以上に水分を消失しているみたいですね。
    僕も、昨年、平地を走っていただけなのに、
    動けなくなりました。
    まっちゃんさんの過酷なツーリング・・・
    すごいです。
    無事で何よりでした。
    自身も改めて考えさせられました。
    僕も、いつも所持金2000円しかもって無いです(笑)
    お互いに安全に!

    • macchan より:

      Re:タイ象様

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      夏ライド、本当に体力と水分奪われます。
      普段富士五湖周辺を走る事が多いので、
      真夏でも下界と比較すると涼しいですから、
      その感じで体力や水分補給等考えていたら、
      静岡側は予想以上に暑くてやられてしまいました。

      今となっては笑い話ですけど、
      今後は十分気を付けないと危険ですよね。

      今日も河口湖の方に少し走りに行ったんですが、
      所持金は一万円持っていきました。(^^)ニコ

  3. corratec おやじ より:

    今日は。
    いつも楽しく拝見してます。
    それにしても大変に貴重な体験をされましたね。
    緊迫した状況が、ひしひしと伝わって来ました。
    私もロードバイクには乗るのですが、健康的な事情で
    いい所70㎞が限界で、それでもロードバイクの魅力に
    憑りつかれています。
    まっちゃんサン、貧脚だなんてとんでもないです。
    素晴らしいロードバイクライフで、羨ましい限りです。
    今後も楽しいブログを楽しみにしてます。

    • macchan より:

      Re:corratec おやじ様

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      今回非常に厳しく貴重な体験になりました。
      自販機や店等がある状況ならともかく、
      何もない富士山の中だったので焦りました。

      走る距離、内容等は人それぞれですし、
      一番大事なのはエンジョイ出来る事ですから、
      お互いこれからも自転車ライフを楽しんで行きましょう!

      これからもよろしくお願いしますね。

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 178今日の閲覧数:
    • 144今日の訪問者数:
    • 224昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 988358総訪問者数:
    • 1468564総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑