*

◆久しぶりだぜ道坂峠!からの雛鶴峠

ご訪問頂いたご縁に感謝!

「元気ですかー!
元気があれば何でもできる・・・」


と、叫んでる自分が一番元気が足りないかも?

暖かさも日々増してきてるので、
天気のよい週末は自転車乗りの姿も増えて来ましたね。

仕事等で自分が走れない時に、
気持ち良さそうにライドしてる光景が目に入ると、

「クソー・・・」なんて気持ちになるのは私だけ?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

近くて遠い道坂峠

2015年3月6日(金)久しぶりに山梨県にある、
道坂峠と雛鶴峠を走ってきました。

「山梨県にある・・・」なんて書くと、
まるでまっちゃんが山梨県外の人みたいに感じる人が居そうだけど、
ご存知の方も居ると思うけど、バリバリ地元です!

何故わざわざ、「山梨県」と書いたかのネタばらしすると、
フェイスブックやブログなどで、良く「○○峠登って来ました・・・」
なんて投稿見かけますよね。

知ってる所なら、部分的な地名だけでもピンって来るけど、
知らない人が見た場合は、「それ何処、どこの県・・・」
そんな風に感じるはず。

ちょっと字が違うだけで同名の峠名や地名もあるから、
検索して調べたとしても???が並ぶ事になるので、
あえて、「山梨県」を付けてみました。

繊細なハートを持つ、まっちゃんならではの、
読者に優しい気配りの一環・・・・・かな?(^^)ニコ

↑「自画自賛じゃねーかー」ってツッコミは無しね!

余談が長くなっちゃったけど、本題に入ります。

この日のライドは去年FBを介して知り合い、
その後、「貧脚組@ Nice Buddy」のメンバーになっていただいた伊藤さん。

過去にもこのブログに登場してるので、
過去記事読んでる人は知ってる事でしょう。

その伊藤さんが、神奈川の自宅から自走で山梨へ来ると言うので、
「道の駅どうし」で待ち合わせしてのライドになりました。

伊藤さんは早朝に自宅を出発していて、
その様子をFBメッセにて連絡してもらい、
「道の駅どうし」への到着時間を逆算してまっちゃんも出発。

国道139号線から、県道、市道を経由して、
山梨県道24号都留道志線に入り道坂峠を越えて行くルート。

道坂峠頂上までは自宅から約14km、全体平均斜度約4.2%の道程なので、
いつでも行ける程近い場所にあるんだけど、多分半年以上振りのはず。

いつでも行ける場所なだけに、逆に行かないのかもね?

道坂峠はロードバイクに乗り始めてから、
初めてチャレンジした峠道だから、思い出は詰まってる場所。
→その時の記事

そんな想い出を振り返りながら、走り慣れた地元の道を進んで行く。

24号線に入ってからは徐々に傾斜がキツクなる感じで、
ネチネチと上りが続いて行くので苦しさも少しずつ上がって行く感じ。

24号線に入って直ぐに、前方にマウンテンバイクを発見。

まだほぼ平坦区間だったので、徐々に前車との差がつまり、
上り区間に入ったあたりで「こんにちは」と声を掛けてパス。

進むにつれて徐々に徐々に傾斜がキツクなっていく。

それに同調するかのように、車速もグングンと落ちて、
呼吸も早く荒くなって行った。

上りが苦手なまっちゃんの本領発揮って所かな?

そして気が付けば、先ほど抜かしたマウンテンバイク乗りが、
すぐ背後まで迫って来ていて、抜かされるのも時間の問題の距離。

その後、直ぐに追いつかれてしまったんだけど、
通行量も少なくて上りでノロノロ状態なので、
しばらくは自然と会話しながら走る事になった。

その方は子供さんの受験の結果を自宅で待っていたらしいんだけど、
待ってる時間が耐えられなくて、走りに来たとの事でした。

しばらくはそんな話を交えながら同走してたんだけど、
進むにつれて傾斜はどんどんキツクなるから、
貧脚まっちゃんは会話をするのもキツクなる。

そして、徐々にフェードアウトするかのように、
ズルズルと引き離されて行ったのであった!(^^)ニコ

道志側から登る時はフロントアウターで上り切れるんだけど、
都留市側からは一度も登れた事がないから、
この日もチャレンジしてみたけど、やっぱり駄目だった。悲…

先ほどのマウンテンバイク乗りの方は、軽快にペダルを回しながら登って行き、
気が付いた時には視界に入らない程離されてしまっていた。

うー、貧脚丸出しのヒルクライム!

何時もの如く息絶え絶えになりながら頂上へ到着。

IMG_2087

マウンテンバイクの方は頂上で涼しい顔してスマホ操作中で、
まっちゃんはハーハー言いながら、「お疲れ様・・・」

正直、ロードより遥かに重いマウンテンバイクに、
簡単に千切られた事は悔しくて仕方ないけど、
これが自分の力量だから仕方ないんだよね。

ハーハーしながら一服かました後、
待ち合わせ場所の道の駅どうしへ向けてダウンヒル開始。

上りが終わり下り区間になった途端に、
それまでの貧弱さが嘘のように元気になるまっちゃん。

下りのアイルトンマツの本領発揮の瞬間。

ダウンヒルを終えて道志みちに入り、道の駅どうし到着。

ロングライド&坂道大好き変態伊藤さんと合流!

時期的な事と曇っていた事が重なって、
ダウンヒルで冷え冷え状態だったまっちゃんは、
直ぐに建物の方へ向かい伊藤さんを探す。直ぐに発見。

IMG_2093

軽く挨拶を済ませて雑談しながら、
まっちゃんは身体を温めるために甘酒をすする。

IMG_2090

IMG_2091

オッサン二人で自撮りした写真を、
グループページへ投稿して仲間達に知らせた。

冷えた身体が少し暖まるまで待ってもらった後、
記念写真を撮って再スタート。

IMG_2100

ちなみに、この時点で伊藤さんは既に90km程走っているんだけど、
「元気ハツラツオロナミンC」って感じで疲れの色は見当たらない。

逆に遥かに短い距離しか走って無いまっちゃんの方が、
明らかに疲れてる感じだった。(^^)ニコ

道の駅どうしを右に出て1km程で道坂峠入口があるので、
道坂峠初めての伊藤さんの記念写真撮影。

IMG_2113

二人で道坂峠を登り始める。

「登坂速度遅いから先に行ってくださいね・・」と、まっちゃん。

伊藤さんは、「もう僕もかなり脚にきてますから・・・」

頂上まで6km弱の道程なんだけど、半分ぐらいを過ぎたあたりで、
まっちゃんのあまりの遅さに耐えきれず伊藤さんがスパート。

直ぐにまっちゃんの視界から消えていき、
慣れ親しんだロンサムヒルクライムの開始。

フロントアウターで登り切ると決めていたので、
遅いながらもそれだけは守って何とか頂上到着。

ちなみに、50-34コンパクトクランクに12-27の乙女スポロケだけどね。

ロードバイクをこれから始める人や、
まだ始めたばかりの人には、「コンパクト、12-27」て言われても、
ピンとこないかもしれないので、ちょっと説明しときます。

「50-34」って言うのは前にあるギアの歯数の事で、
50が外側の大きい方で34が内側の小さい方。

「12-27」が、後ろのギアの歯数の事で、
前は内側のギアにするとペダルが軽くなって、
後ろは前とは逆に、大きいギアにする事で軽くなります。

この歯数の違いと組み合わせによって、
ペダルを回す時の重さに大きく影響してくると言う仕組み。

話し戻しますね。
トンネル入り口で記念写真を撮って再スタート。

IMG_2117

IMG_2114

IMG_2118

IMG_2120

トンネルを抜けて反対側で記念写真

IMG_2124

IMG_2122

ゆっくり目にダウンヒルを走り抜けて、
昼食を取るためにまっちゃん行きつけの店に向かう。

以前このブログでも紹介した、「松鶴(しょうかく)」

その時の記事を読んだ伊藤さんからリクエストされていたので、
この日は松鶴で食事する事に決まってました。

20分程で都留市内にある松鶴へ到着。

IMG_2128

個人的にもおススメでこの店の人気メニュー、
「朝鮮焼定食」を伊藤さんに食べてもらい、

もう一つのオススメ品、「メンチカツ定食」を、
まっちゃんがオーダー。

まっちゃんはいつでも朝鮮焼定食を食べられるから、
伊藤さんにメンチカツをおっそ分けして味見してもらう作戦。

IMG_2129

と、ここまで書いてきて、肝心の食べた物の写真を撮って無い事に気付く。

「切れてなーい」、じゃなくて、「撮れてなーい」

メンチカツの写真は無いけど、朝鮮焼定食と、
松鶴の事について気になる人は過去記事よんでね→こちらからどうぞ

食後は店主の気遣いで出してくれた淹れたての珈琲飲みながら、
冷えた身体と疲れを癒しつつまったりと過ごして、
次の目的地、上野原市秋山にある、「王の入まんじゅう」へ向けて出発。

伊藤さんは自走で神奈川の自宅まで帰るので、
途中までだけどここからはお見送りライドって感じ。

伊藤さんは元気元気!

松鶴を出た後139号線に出て数km走り、
富士急行線の禾生駅入口の信号を右折して秋山方面に進む。

しばらくは平坦基調が続く道だけど、鈍り切ってるまっちゃんの脚は、
道坂峠の往復ビンタだけで相当消耗してる模様。

超スローペースで県道34号線を山に向かって進んで行く。

当然、進むほどに上り勾配になって行くので、
スピードは落ちる一方。

リニア実験線の車両基地手前ぐらいから、
距離は短い物の登り応えのある坂道になるので、
フロントアウター縛りで頑張る。

既にまっちゃんの3倍の距離を走ってる伊藤さんだけど、
ダンシングを巧みに利用しながらグイグイと登って行く。

見た目はとてもスリムな体つきなのに、
この元気は何処から来るのかって言うほど伊藤さんは元気。

疲れが無いはずは無いから、きっとハートが強いんだろうなぁ。

「負けてなるものかぁ・・・」と頑張るまっちゃんだけど、
伊藤さんの後姿は小さくなる一方。

雛鶴峠の頂上トンネルの少し手前のヘアピンカーブ付近で、
ウォーキングする人が視界に入って来たんだけど、

そのウォーキング中の人とほとんど変わらない速度で、
鈍行まっちゃんはピナ娘と共に進む。

新雛鶴トンネル到着。

IMG_2132

IMG_2130

トンネルを抜けてしばらくダウンヒルを満喫して、
ルート左手に現れる、「王の入まんじゅう」で一休み。

IMG_2141

IMG_2143

見送りライドの終点。

伊藤さんはお土産のまんじゅうを購入して、
店の前で記念写真を撮った後、伊藤さんは神奈川方面へ、
まっちゃんは来た道を戻る形で都留市方面に。

同走した距離は短かったけど、
楽しくて充実した二人でのライドはここで終了。

まっちゃんは30~40分もあれば帰れる距離だけど、
伊藤さんはまだ3時間前後は走らないと着かない距離が残っているから、
「大丈夫かな・・・」と思いつつ、その背中を見送った。

そんな心配をよそに、「長距離慣れてるし好きなんで・・・」
伊藤さんはそんな言葉を残して走り去っていきました。

伊藤さん、あなたはやっぱり変態だねー!

「少しの時間でも・・」と、誘ってくれた伊藤さん。

走りも凄いけど、横浜から自走で会いに来てくれた事が、
本当に嬉しく思えた時間でした。

峠は苦しかったけど、それも全部ひっくるめて、
また一つ良い想い出を刻めて本当に良かった!

この日のルートをルートラボにアップしてあるので
気になる方は→こちらからどうぞ

では、また次回会いましょう!

読者の皆さんも楽しい自転車ライフを・・・

ブログランキング参加してます。
お帰りの前に応援をポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

P1000847

初めての三本ローラー台

ご訪問いただいたご縁に感謝です。 昨日と一昨日、ロードバイクの朝練で走ったんだけど、 山梨(

記事を読む

IMG_3575

ロードバイクとクロスバイクで道坂峠から道の駅こすげ

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝! 毎日曇り空を眺めては、「フー・・・」っと、 ため息ばかり

記事を読む

00146

富士山 麺と食のフェスティバル

ご訪問頂いたご縁に感謝! 今日は地元山梨、富士山のイベント情報です。 ↓先ずは応援お願い

記事を読む

WS000242

富士一&富士スバルラインヒルクライム

ご訪問頂いたご縁に感謝! 2015年7月19日、 今日は貧脚組のメンバーと、ライドの予定だっ

記事を読む

IMG_3864

ロードバイクで韮山峠、国士峠、峠満喫中伊豆ライド!

ご訪問頂いたご縁に感謝! 今年も残す所ひと月ちょっとになりましたね。 個人的には今年の前

記事を読む

IMG_1746

熊になってた貧脚野郎まっちゃん

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝! 去年の今頃の山梨は、あの大雪の影響で、 県内全域でパニッ

記事を読む

0-25

ロードバイクの話じゃ無いけど・・・

こんにちは、ご訪問頂いたご縁に感謝です。 今日はロードバイクの話じゃないので、 「なんだ・・

記事を読む

IMG_0806

Mt富士ヒルクライム本番前日

当サイトにご訪問頂いたご縁に感謝です。 こんにちは&こんばんは。 毎日中途半端な天気が続

記事を読む

WS000017

レース初挑戦!富士チャレンジ200・7時間エンデューロ

当ブログへご訪問頂いたご縁に感謝です。 先ずは心配される台風についてですが、 15日夜から1

記事を読む

WS000081

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 本年も当ブログと私まっちゃんをよろしくお願いします。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパムコメント対策の為)

スポンサーリンク
IMG_5092
悶絶ヒルクライム!厳道峠(かんどうとうげ)

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆明けてからの方が梅雨みたい

IMG_5003
甲州市の仲間と甲斐市までトウモロコシRide On!

ご訪問頂いたご縁に感謝! こんにちは&こんばんは。

IMG_4811
6月&7月のライド色々ダイジェスト!

ご訪問頂いたご縁に感謝! お盆休みが終わり、 夏の終わ

IMG_4615
ロードバイクで沼津千本松原

ご訪問頂いたご縁に感謝! 梅雨明け後、大した好天も無いま

IMG_4446
富士五湖じゃ無くて富士三湖ライド

ご訪問頂いたご縁に感謝! 何時もの事ながら、 また更新

→もっと見る

    • 127今日の閲覧数:
    • 105今日の訪問者数:
    • 327昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 945627総訪問者数:
    • 1411164総閲覧数:
    • 2013/07/29カウント開始日:
PAGE TOP ↑